収録ゲームの紹介:スーパーマリオUSA

シェアする

収録ゲームを紹介する企画。
今回は「スーパーマリオUSA」です。

小型FC 小型NES
収録の有無

任天堂公式の紹介映像
マリオシリーズの中でも異色作のスーパーマリオUSA。
スーパーマリオコレクションにも収録されているタイトルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパーマリオUSA

スーパーマリオUSA
スーパーマリオUSA

supermariousa

1992年にファミリーコンピュータ用で発売されたアクションゲームです。
マリオ・ルイージ・ピーチ・キノピオの中から1人を選んで、マムーを倒しにいくというストーリーです。

本作は1987年に発売された『夢工場ドキドキパニック』をベースに、キャラクターをマリオに差し替えて発売された作品です。
1988年に海外で『SUPER MARIO BROS. 2』として発売。
それを『スーパーマリオUSA』として日本に逆輸入したのが本作です。

元々が別のゲームだったため、今までもマリオシリーズとは雰囲気が大きく異なります。
地面に生えてる野菜を引っこ抜いて敵にぶつけるなど、他のマリオシリーズでは見かけない要素をたくさん含んでいました。

キャラクターの性能

前述したように、マリオ・ルイージ・ピーチ・キノピオという4人のキャラクターを使うことができます。
それぞれで個性が違うので、誰を選ぶかも攻略する上では重要でした。
どっちつかずで色々キャラを選び直していると、いつまでもキャラの操作になれなくて上達しないことはこのゲームの定番ネタでした。

■マリオ
標準的な能力で使いやすい。
ジャンプ力や物を持ち上げる力は全キャラ2番目。

■ルイージ
ジャンプ力が最も高い。
足をバタつかせるので、空中で滞空することもできた。
ただジャンプにはクセがあり、使いこなすには時間がかかった。
このバタ足ジャンプはのちのマリオシリーズでも受け継がれている。

■ピーチ
ジャンプ力は低いが、空中で滞空することができる。
谷間などを飛び越えるときに、この滞空ジャンプが役立ちました。
しかし、ルイージのジャンプ同様にクセがあるので、ある程度なれる必要はありました。
女性のためか、物を持ち上げるスピードは一番遅い。

■キノピオ
ジャンプ力は全キャラ最低。
しかし、物を持ち上げるスピードは一番。
使用キャラクターに採用されたキノピオの出世作といってもいいだろう。

みんなのトラウマ

マリオ3の太陽と並んで、マリオシリーズのトラウマ候補にあるのがこのカメーン。

※左が太陽 右がカメーン
mario3-taiyou mariousa-kamen
© Nintendo

ドアを開けるための鍵を入手すると突然動き出して、襲い掛かってくる敵でした。
鍵を放さないとしつこく追いかけてきて、これがトラウマの原因。
ホラー映画に出てきそうなその見た目も怖さを演出しました。

Amazon

■専用ACアダプターセット (予約特典付)
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ & 専用ACアダプター 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

■本体単品 (予約特典付)
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

■本体単品
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

■ACアダプター 単品
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 専用ACアダプター

スポンサーリンク
スポンサーリンク