収録ゲームの紹介:スーパー魂斗羅

シェアする

収録ゲームを紹介する企画。
今回は「スーパー魂斗羅」です。

小型FC 小型NES
収録の有無

■任天堂公式の紹介映像
ハードボイルドで硬派なアクションゲーム。
コアな男性ファンから支持されてヒットしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパー魂斗羅

スーパー魂斗羅
スーパー魂斗羅

「スーパー魂斗羅」は、ファミコンで発売した「魂斗羅」の続編です。
1990年にファミリーコンピュータで発売されました。
ゲリラ戦のスペシャリストして、襲いかかるエイリアン軍を倒していく硬派なアクションシューティングゲームです。

横スクロールステージと、上から見下ろした縦スクロールステージがあるのが特徴。
異なる操作感で二つのステージを遊ぶことが可能でした。

パワーアップアイテムで武器を強化するなど、シューティングゲーム風の要素も搭載されています。

日本版と海外版の違い

日本のファミコンでは「スーパー魂斗羅」、アメリカのNESでは「Super C」。というタイトルで発売されています。
タイトルに違いはあるが、基本的な内容には違いがないそうです。

ヨーロッパおよびオーストラリア版は「Probotector II: Return of the Evil Forces(プロボテクター2 リターン オブ ジ イビル フォーシス)」というタイトルで発売。
こちらは味方・敵キャラクターがロボットに変更されていて、全く別のゲームのようになっている。
変更理由は詳しく分かりませんが、欧州では暴力表現の問題など色々とあったようです。

小型ファミコンに収録されるのは「スーパー魂斗羅」
小型NESに収録されるのは「Super C」です。
どちらにも「Probotector II」は収録されないようです。

Amazon

■専用ACアダプターセット (予約特典付)
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ & 専用ACアダプター 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

■本体単品 (予約特典付)
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

■本体単品
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

■ACアダプター 単品
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 専用ACアダプター

スポンサーリンク
スポンサーリンク