小型ファミコンにはFF3、小型NESにはFF1が収録

シェアする

小型ファミコンの収録タイトル30本が先日発表されました。
RPGファンには嬉しいFF3が収録されることも判明してます。
FF3はファミコンで発売された最後のFFで、その遺伝子はスーファミのFF4へと引き継がれています。

海外版にもFFが収録されるのですが、実は収録されるタイトルに違いがあるんです。
今回日本版と海外版の収録タイトルの違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本版と海外版の違い

日本ではFF3、海外ではFF1が収録されます。
なぜ収録タイトルが違うんでしょうね。
権利の問題なのか何なのかw

どうせなら1と3も日本版に収録して欲しかったですよね。
でもファミコン版FF3をそのままプレイできるのは嬉しいです。

小型ファミコンには中断せープ機能もあるので、RPGもプレイしやすいと思います。
特にFF3はラストダンジョンの長さが有名ですからね。
当時クリアできなかった人も、中断セーブのおかげでクリアしやすくなると思います!

■FF1 (ミニNES収録)
ff3

■FF3 (ミニファミコン収録)
ff1

Amazonで予約する

先日からAmazon.co.jpで小型ファミコンの予約が始まっています。
本体単品版と、オリジナルのACアダプターと本体がセットになったタイプがあります。

■本体単品
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

■ACアダプター 単品
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 専用ACアダプター
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 専用ACアダプター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク