ついに『ミニ・スーパーファミコン』が登場!? 気になる商標登録が

シェアする

2016年11月10日に発売した『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター』
発売4日間で26万3千台を売り上げるなど、大ヒットを記録しています。

そんなミニ・ファミコンですが、気になる情報が舞い込んできました。

商標速報botさんが伝えた所によると、上記の商標が登録されたみたいです。

これはまさか『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミリーコンピュータ』関係の商標登録!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミニ・スーパーファミコンが発売される?

上述した商標が登録されたということで、『ミニ・スーパーファミコン』が発売される可能性は出てきましたね!

『ミニ・ファミコン』は発売4日間で26万3千台を売り上げ、現在も品切れの所が多い状況から、100万台超えという数字も十分に可能でしょう。
これだけヒットしているわけですから、ミニ・スーパーファミコンが発売されると考えるのが普通だと思います。

Twitterなどネットの声を集めても、「ミニ・スーファミ」を出して欲しい!という意見がたくさんありました。
期待の声がたくさんあるので、実際に発売されるという可能性は大きいのではないでしょうか。

今回の『ミニ・ファミコン』はコントローラーの小ささや、ケーブルの短さなどいくつか問題もあったので、もし次作があるのであれば、こういった問題を改善して欲しいと思います。

そしてやはりソフトの充実ですよね!
ダウンロードなどでソフトを追加したり、カセットを指して遊べるようにするのはコスト面を考えると難しいと思います。
新たな機能をつけるとそれだけゲーム本体の価格が高くなってしまいますからね。
それならば、収録ソフトを30本から50本に増やすなど、より長く遊べるように内臓ソフトを充実して欲しいと思います。

1000円~3000円高くなってもいいので、そういった問題点を改善してより良い物を作って欲しいです。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

なお、当サイトでは『ミニ・スーパーファミコンがあったら収録してほしいゲーム10選』という記事を書いてますので、よろしければこちらもお楽しみください。
http://fcclassicmini.xyz/minisfc-10

スポンサーリンク
スポンサーリンク